病気や怪我をしたときの保険について

日本国民には健康保険への加入が義務付けられています。その他にも任意加入の医療・入院保険があり、万が一の病気や怪我に備えておくことができます。いざ事が起こってしまったら、一度に高額な医療費が必要になってしまうと思います。そんな時、保険に加入していたら原則、後期高齢者は医療費の1割負担、前期高齢者は2割負担、他者は3割負担となっており、高額な治療費を全額負担することはないため安心して生活ができます。現在では、ニーズや生活プラン、料金によって様々な保険会社の中から、ご自身にあったものを選択できるようになりました。自分にはどれが合っているか見積もりやシュミレーションをしてくれるサービスまであるため、気軽に見直しすることも可能になっています。